ZEHへの取り組み

丸中工務店の基本的な方針として、「お客様には、良い家に住んでいただきたい」という想いがあります。
「良い家」というのは、住み心地が良く、快適で、健康で、帰った時にリラックスできる家です。 そして、「良い家」は、地球環境にとっても良くなければなりません。

そのため、平均的な住宅よりも質のいいものを、弊社の設計では標準的に取り扱っています。
今回、「ZEH」という新たな枠組みが出来ましたが、弊社は、地域でも一早く導入することにいたしました。 それは、この「ZEH」が、弊社の考える「良い家」と同じ延長線上にあるものだと考えたからです。

ところで、インターネットでZEHの情報を知らべると、 その多くが補助金に関して言及していますが、それは、本来の家を建てる理由から逸脱しているのではないかと感じています。
補助金があるからやるのではなく、ZEHだからやるのではなく、
「良い家」を求めた結果、ZEHという枠組みになっていく。 このような発想が正しいのではないかと考えています。

「丸中工務店の建てる家は、住む人にも地球環境にも優しいんだよ」と感じていただければ幸いです。

株式会社丸中工務店 代表取締役 大羽賀康弘

弊社が運営する、都市部の住宅地でZEHを検討している方のための情報サイトです。
ZEHやZEH Orientedについてもっと知りたい方は、こちらへどうぞ。

ZEH目標公開

2014 年4 月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、 「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅 (以下、「ZEH」という)の実現を目指す」 とする政策目標が制定されました。

丸中工務店は「平成28年度ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通り2020年度に向けたZEH普及目標を策定いたしました。

1 ZEH の周知・普及に向けた具体策

ホームページにゼロエネルギー住宅・補助金の情報を記載し周知する。

2 ZEH のコストダウンに向けた具体策

建築材料などを見直して、品質の高い住宅を提案していきます。
複数の販売店・代理店と連携し、住宅価格を抑える。

3 その他の取り組みなど

ゼロエネルギー住宅の標準仕様書を作成する。
ZEHののぼり旗を立ててアピールする。

ZEH 受託率目標値
(新築注文住宅+リフォーム)

  • 平成29年(2017年)30%
  • 平成30年(2018年)30%
  • 平成31年(2019年)50%
  • 平成32年(2020年)60%

平成28年度(2016年)実績 総建築数4戸

平成29年度(2017年)実績 総建築数0戸

お問合せは、こちらからお気軽にどうぞ