リフォームについて  
リフォームのスライドショー1 リフォームのスライドショー2 リフォームのスライドショー3 リフォームのスライドショー4 リフォームのスライドショー5 リフォームのスライドショー6 リフォームのスライドショー7 リフォームのスライドショー8 リフォームのスライドショー9 リフォームのスライドショー10 リフォームのスライドショー11 リフォームのスライドショー12 リフォームのスライドショー13 リフォームのスライドショー14

住み慣れた我が家を、もう一度快適な空間に

「家の寿命」は、よく平均30年と言われています。 そのため、親から子に引き継ごうと思った際は、建て直しを行うのが一般的です。 しかし、きちんとメンテナンスを行っていれば、木造住宅は、もっとずっと長持ちします。

木造住宅には、定期的なメンテナンスが不可欠です。それを怠ると、それ相応に痛みが激しくなっていきます。 ですが、少しずつ修理をし、手をかけてあげることで、本当は、いくらでも寿命を延ばしてあげることができます。
その時その時のライフスタイルに合わせた間取りの変更が可能な点も、木造住宅のメリットです。

家を『熟成』させる

履き慣れた靴を磨いたり、長年使い続けているカバンのベルトを直したり、イスのクッションを張り直したり・・・ 年月をかけて大切に使っているものは、年を追うごとにその魅力が増していくものです。これは、家も同じです。

時間と共に傷んだり、だんだん不便に感じたり。 そうしたところを自分の手で直していってあげると、わが家に今までとは違う愛着が湧いてきて、 修理をすること自体が楽しくなってきます。 そうなるとこの愛おしいわが家は、誰が見ても長い年月と共に熟成を重ねた上質な家となります。

そこに流れるゆっくりとした豊かな時間。
その家で自分らしい毎日を送ることができる充実した人生。

そうして家は初めてその人の「本物の財産」となります。 現代では、平均寿命が延びて家と共に過ごす時間も増えました。 ライフスタイルの変化と共に、家を「熟成」させていく楽しさを味わいませんか。

家を粗大ごみにしない

家を建て替えるということは、長年過ごしたわが家が粗大ごみになってしまうということでもあります。 もちろん、建て替えもひとつの選択肢ではあります。
しかし木造住宅は、フルリフォームすることで、まるで新築のように蘇らせることもできるのです。
しかもこの場合、新築の半分ほどのお金しかかかりません。 古くなったからといって家を解体せず、修理を繰り返して長く大切に使うことは、 資源を無駄にすることなく自然の保護にも繋がります。
家を使い捨てにしないためにも、リフォームという選択肢も検討してみてください。

中古住宅という選択

新築住宅に拘り、無理なローンを組んでしまうと、その後定期的なメンテナンスを行う余裕がなくなってしまいます。 メンテナンスをせずにいると、ずっと不便さを我慢せねばならず、 本来最も安らげるはずのわが家が苦痛の場所になってしまいます。

欧米では、中古住宅が主流です。 中古住宅を選ぶことで、ローンを少なく設定し、その分家族の旅行や教育などを充実させ、 長期にわたる経済的な負担をかけないようにすることができます。

予算が限られている若い夫婦が、新築ではなく中古を購入し、少しずつ家族の成長に合ったリフォームをしていくことで、 過度なローンに縛られない余裕のある生活を手に入れることもできるのです。

安心して、豊かに暮らす

古い家でもきちんとリフォームをすることで、将来も安心して暮らして行くことができます。 不便な点を我慢せず、ライフスタイルに合ったリフォームを行うことが大切です。 そうしてリフォームを繰り返すことで、家は少しずつ「熟成」を重ね、世界にひとつだけのわが家となっていきます。
また、家を使い捨てにせず長持ちさせることで、 建て替えるよりも複数の世代に渡って経済的負担を軽くすることができるのです。

丸中工務店には、家を長持ちさせる様々なノウハウと半世紀を超える実績があります。 どうぞ安心してご相談ください。 弊社は、お客様との末永いお付き合いを大切にしている昔ながらの親しみのある工務店です。

丸中のリフォーム

工事への安心と、暮らしへの安心を。
「直す」ことではなく、「住んでいく」ことを大切に考えています。

弊社のリフォーム工事は、お客様のご希望を尊重しつつ、法改正を含め長年の経験を基にプロとしての提案を行い、 工事完了後のお客様の使い心地や住み心地を常に考えて、丁寧に仕事をしています。 施工後には、「その後いかがでしょうか?」と必ず連絡を取り、お客様との末永いお付き合いを大切にしています。

例えば、家全体を丸ごとリフォームするような大きな工事を行う時、工事が終わってその後のお客様が 今まで通り気持ちよくお住まいいただけるように、弊社は工事だけでなく、ご近所の方々への配慮もおろそかにしません。 近隣への工事前のご挨拶はもちろん、工事車両の出入り、騒音、振動なども常に心を配っています。 そして、工事後に再び近隣へご挨拶に伺い、工事の終了をお知らせし、工事中のご協力に感謝をお伝えしています。

解体も、心を込めて。
ご近所付き合いがあるからこそ、解体までしっかりと。

リフォームには、必ず「解体」という工程があります。 愛着ある場所のリフォームを気持ちよく初めていただけるよう、丁寧かつ迅速な作業を心がけています。
騒音対策の防音シートや埃を抑える水まきなど小まめに行い、 弊社では、ご近所の方々のご迷惑に極力ならないよう、作業員一同努めています。
歴史あるご自宅、密集した住宅地などでも、安心してご依頼ください。

もちろん、解体のみのご依頼も承っております。

実例

1:内窓の増設で“8℃”の差

内窓設置比較

内窓を増設することによって、夏は涼しく、冬は暖かく過ごしていただけるようになります。
また、防音・防犯効果もあり、花粉対策にも大きく役立ちます。

計測

弊社でも実際に導入し、その温度差を計測してみました。 結果は、冬場の北向きの窓における内窓と外窓の温度差は、実に「8℃」にもなりました。

設置も、窓枠内側にある空間を利用するため、簡単な工事だけで行えます。

※追記(2015年7月28日)※
夏場の温度差を、今度は、日当たりの良い南向きの窓で測定してみました。

  • 本日の予報最高気温…34℃
  • 外側の温度計…50℃(測定限界)
  • 内側の温度計…34℃

窓際は、家の中でも特に熱くなりやすく、窓自体も熱を持つので高温になる場所ですが、 予想以上の温度差となり驚きました。 体感でも、昨年よりもクーラーの効きがずっと良くなり、内窓効果を実感しています。

2:マンションリフォームで自然素材を


内窓設置比較

リフォームといえば一戸建てを思い浮かべられる方が多いですが、マンションでもリフォームは可能です。 和室の気持ちよさや自然素材の温もりを感じる部屋とマンションの利便性の両立も、住居選びの素晴らしい選択肢となります。

弊社では、事務所一階の駐車場を、自然素材溢れる事務所兼応接室へとリフォームしました。

計測 計測

豊富に木材を使ったことで、冬でも暖かく、明るく開放的な空間に生まれ変わりました。
社員にもお客様にも、大変好評をいただいております。

リフォームを見る

施工前と施工後を比較してご覧いただけます。